施術技術のレベルアップのために

世の中には様々な施術がありメソッドであふれています。中身も値段もピンキリです。
その中で、お客様やアスリート達に喜んでもらえる施術とはなんなのか。
そんなことを追求しながら出来たのが、私の現在の施術です。
このスクールで提供するのはいわゆるテンプレートメソッドではありません。
この順番でこういう形で押します。
こんな形でストレッチをします。
そうするとこんな簡単に身体がほぐれるんです。
といった、一般的な技術が欲しい方はそういったスクールに行かれるのをお勧めします。

私がお伝えするのは概念です。
人体の理解の仕方、考え方、テクニック、自身の身体の動かし方など
今まで皆さんが行ってきたことに掛け算が出来るような概念をお伝えします。

対象

PT・トレーナー・鍼灸あんま・柔整・整体・リラクゼーションなど施術経験がある方限定

初心者の方は、別講座を用意しておりますので、そちらからご参加ください。

モデルとして参加いただいた「医師 岩井先生のレポート」

はじめまして、私はスポーツドクター(医師)・テニスプレーヤーの岩井勇策です。
田辺先生にご指導頂き、現在テニス選手活動を行なっており、日本ランキング最高108位を記録しています。
田辺先生は陸上競技出身で、体の基礎的な動きを熟知しており、ハンドボール・アメフト・サッカーなど様々な競技団体の指導経験があります。
私自身は選手として、ケア・トレーニング(フットワーク・パワーアップ)・ウォームアップなど本当に素晴らしいご指導をいただいています。

今回田辺先生が施術セミナー講師になられると伺いました。
田辺先生のような素晴らしい施術をされる治療家さんが増えることは、スポーツドクターとしてこの上ない喜びです。

前回行われたセミナーは、受講生として理学療法士の中村先生がいらっしゃいました。
施術を受ける役割を私が務めさせていただきましたので、その時に実際に感じた田辺先生のすごさを3点に絞り、ご紹介致します。

1、人体構造を3次元で頭に入れている
2、相手の反応を感じ取る
3、施術者が楽に行える

1、人体構造を3次元で頭に入れている
田辺先生はカイロプラクティックを勉強されていた経緯がおありなこともあり、本当に体の細部まで立体構造を理解してらっしゃいます。
脊柱起立筋への施術の際に、最初受講生は画一的なベクトルで捉えてしまっていました。
先生がそれぞれの椎間の角度の違いを伝授され、的確なベクトルで起立筋を捉えられるようになりました。
他にも腋下、肩甲骨付近の神経に近い部分
手首・足首の骨の配列
さらには施術者自身の末節骨の構造など
熟知されているからこそ可能になるテクニックが非常に多いです。

2、相手の反応を感じ取る
受講者の手技は、最初はくすぐったかったり、痛かったりと自分の体へ侵害刺激として入ってしまうことがありました。
田辺トレーナーは、指先から相手の状況を感じ取り「スキをつく」ようなタイミングで奥まで届く施術をしてくださいます。
これは合気道など武術のご経験からくるものだそうです。
これを理解した受講生はすぐに自分のものとしており、常に気持ち良い手技へと進化しました。

3、施術者が楽に行える
受講生は普段強い刺激を加える事に慣れていないこともあり、施術者の緊張や疲労が自分に伝わってしまっていました。
田辺先生はそれぞれの部位の背術について手取り足取り丁寧に、施術を楽に行うための方法を伝えており、最終的には受講生も楽に施術ができるようになっていました。

田辺先生は、教われば教わるほどにそのすごさを感じられる素晴らしい先生です。
皆さまがこのセミナーを通して将来大きく活躍される良き治療家になってくださることを心から願っています。

料金プラン

全2回 5時間(間に休憩1hを挟みます)
開催人数1~5名*1
¥60,000-

(*1 1名の場合は施術モデルとなる方をお連れください)
(こちらで用意することも可能ですが、日当が発生します。)